GWの日のかみしき

絶賛修羅場中の守月せんせーをひとり作業場へ残し、珈琲館で優雅におコーヒー啜りながら夏コミ打合せ中の かみしき:D&P です、こんばんわ。
実際には優しさも雅びさも無い激しい討論会でしたけど(わりと毎度の事)

GWの日のかみしき

さて、今回は予告通りの日常回。

かみしき陣のGWを振り返りながら、主に、普段謎に包まれた(?)守月せんせーの日常と言うかお仕事ぶりをチラッと公開してみちゃおうと言う企画です。

まずは、進行管理担当のかみしき:P作、かみしき工程表を本邦初公開!!

GW前後の作業工程表
GWの日のかみしき | かみしき

これ、漫画制作の工程や呼び名がわからないと意味不明な点も多いと思うんですが、とりあえずカラフルーだなーってのと、なんかこれ、GWつーか 月に休みが1日しかなくね? ってのはおわかりいただけるかと思います。

若干引き気味になった方もいらっしゃるかもしれませんが、わりと平常運転なのでご安心下さい。

それでは気を取り直して、GW中だけに絞ってお仕事っぷりをご紹介してみましょー!

4/30

「神さまの怨結び」26話 仕上げ 最終日
・「COMIC1☆11」開催日

COMIC1☆11 | かみしき

かみしき:D&Pはセーラー大鳳ちゃんを持ってコミ1参加の日。
守月せんせーは安定のイベント欠席で、翌日に控えた怨結び26話の入稿〆へ向けて仕上げ作業の最終段階です。

5/1

「神さまの怨結び」26話 入稿日

これGW進行の為に普段より入稿〆が早いんです。作家さんにとってGWとは苦しいモノ。
日中猛烈な勢いで仕上げ作業をして夜には無事に入稿!

5/2

「捻じ曲げファクター」22話 ペン入れ 開始日

昨日、怨結び脱稿したのも束の間、すぐさま捻じ曲げのペン入れ作業に戻ります。
(工程表みるとわかるんですが下書きまでは10日前に終わってますね)

5/4

「捻じ曲げファクター」22話 ペン入れ 最終日

落書きしてつぶやく時間も取れない時は作業中原稿チラリ☆(笑えない)

5/6

「神さまの怨結び」 27話 下書き 開始日
・「捻じ曲げファクター」22話 背景アシさん 開始日
・「COMITIA」開催日

前々日に捻じ曲げのペン入れを、前日に背景指定を終え、本日よりアシスタントさんが背景作画を開始。そのまま怨結びの下書きを開始!

と、こんな感じで連載中の2作品の作業がさらにそれぞれ分割されながら交互に入って行くので、ぼーっとしてると作画もお話も混ざる危険があぶない。
あ、でも混ざっちゃった絵は見てみたいですね♡

その頃 かみしき:Dは、守月せんせーのお買い物しに朝からCOMITIAへ。
無事にGETしたあとは、

TSUTAYA三軒茶屋店×秋田書店「秋田書店青年コミック 美少女コンテスト」
神さまの怨結び 美少女コンテスト一位!! | 守月史貴

『神さまの怨結び』美少女コンテストをこっそり覗きに三軒茶屋に行ってました。

5/7

「神さまの怨結び」27話 下書き 終了日
・「砲雷撃戦&ぱんっあー」開催日

かみしき:Dは2日続けてビックサイトへぱんっあーふぉー!
工程表上では本日怨結び27話の下書き終了日です。が、

終わりません

GWは今日で終わってしまうと言うのに・・・。

実はこれどうにもならない訳があったりまして、

作業風景もチラリと初?公開! ↑怨結び26話(30P)、↓怨結び27話(40P)
神さまの怨結び ネーム| 守月史貴

上は普段の怨結びで一話分28~30ページなんですが、下の怨結び27話はなんと 40ページ と、普段の1.5倍程度のページ数 になってます。なのに日程は変わらない(変えられなかった)というハードスケジューリング。

やはり現時点で若干の遅延が発生していまして、このまま進むと 5月の唯一のお休み日だった14日の休暇も没収 です^^

そんなわけで、

来週末には『神さまの怨結び』第26話を、そして来月には貴重な休暇を費やして(既にほぼ決定事項の模様)ペンを振るった 力作40ページ 第27話をお届けする予定ですので、どうぞご期待下さい!

次回予告

来週末はチャンピオンRED発売日なわけですが、まだちょーと間ありますねえ…。今回の漫画が出来るまで~なお話をもう1回やってみようかと思ったり思わなかったり。

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>